×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者になるための耳コピMIDI講座

#02-02 VST の導入方法

VST のリストを作成するための準備

VST のリストを作成するために、「VST を保存するフォルダ」 を作成して、登録します。

  1. 任意の場所に 「VST を保存するフォルダ」 を作成します。

    例えば、「C:\DTM」 に 「VstPlugins x86」 というフォルダを作成します。

    画像読み込みエラー

  2. VSTHost を起動して、「File → Set PlugIn Path...」 で、作成した 「VST を保存するフォルダ」 を登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

    ※ ちなみに、登録するフォルダは、何個でも構いません。

    画像読み込みエラー

VST のリストの作成方法

ページ構成上の都合により、先に 「VST のリストの作成方法」 を説明しておきます。

【フリーズする場合】

環境によっては、「File → Fast Rescan PlugIns」 で検索中にフリーズしてしまうことがあります。

その場合は、その 「固まってしまう VST」 を手動で登録する (「Data」 フォルダ内の 「PlugIns.ini」 ファイルを直接編集する) ことで、フリーズを回避出来るようになります。

  1. VSTHost を起動している場合は、終了させます。
  2. VSTHost をインストールしたフォルダ内の 「Data」 フォルダ内の 「PlugIns.ini」 ファイルを、テキストエディタで開きます。

    画像読み込みエラー

  3. 次のような書式で、リストを作成します。
    [PlugIns\フォルダ名1]
    0:VSTeの名前1=VSTeのアドレス1
    0:VSTeの名前2=VSTeのアドレス2
    [PlugIns\フォルダ名2]
    1:VSTiの名前1=VSTiのアドレス1
    1:VSTiの名前2=VSTiのアドレス2
    

    【記入例】

    [PlugIns\Limiter Maximizer]
    0:W1 Limiter=C:\VstPlugins\Limiter Maximizer\George Yohng's W1 Limiter.dll
    [PlugIns\VSTi]
    1:Synth1=C:\VstPlugins\VSTi\Synth1 VST.dll
    [PlugIns]
    0:Simple Na Mixer=C:\VstPlugins\snMixer.dll
    

【登録されない場合】

「File → Fast Rescan PlugIns」 で登録されない場合は、「その VST を起動するための条件」 を満たしていないのかもしれません。

条件を満たすことで、登録される可能性があります。

【条件の例】

VSTi の導入例

【VSTi とは】

「VST Instruments」 の略で、「VST 形式による楽器」 という感じでしょうか。

例えば、ピアノの VSTi を導入するとピアノの音が、ギターの VSTi を導入するとギターの音が鳴らせるようになります。

では、実際に いくつかの VSTi を導入してみましょう。

【Synth1】

「代表的な フリーの VSTi」 の代名詞的な存在、と言っても過言では無いくらい有名な、国産でフリーのソフトシンセです。

真っ先に入れておきましょう。

  1. Daichi Laboratory ( http://www.geocities.jp/daichi1969/ ) へ移動します。
  2. 「ソフトウェア」 の下の 「Synth1」 → 「ダウンロード Download」 と進んで、「Synth1 for Windows」 の下の 「Synth1 Ver ○.○○」 の一番新しいバージョンをクリックして、最新版の 「Synth1V○○○.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「Synth1V○○○.zip」 を解凍して、出て来た 「Synth1」 フォルダを 任意の場所 に移動させます。

    例えば、「C:\DTM」 に移動させます。

    画像読み込みエラー

  4. 移動させた 「Synth1」 フォルダの中の 「initsettings.exe」 を実行して、初期設定ファイルを作成します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

  5. 同じく、「Synth1」 フォルダの中の 「Synth1 VST.dll」 を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    画像読み込みエラー

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86」 に 「VSTi」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  6. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

  7. 「Synth1 Extra Banks Package」 を導入して、使用出来る音色を増やします。
    1. Daichi Laboratory ( http://www.geocities.jp/daichi1969/ ) へ移動します。
    2. 「ソフトウェア」 の下の 「Synth1」 → 「ダウンロード Download」 と進んで、「音色パッチ」 の下の 「Synth1 Extra Banks Package」 をクリックして、「Synth1ExtraBanksPackage.zip」 を DL します。

      ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

    3. DL した 「Synth1ExtraBanksPackage.zip」 を解凍して、出て来た 「Synth1ExtraBanksPackage.exe」 を実行します。
    4. 「Browse...」 ボタンをクリックします。

      画像読み込みエラー

    5. 「Synth1」 をインストールしたフォルダを指定して、OK します。

      画像読み込みエラー

    6. 「Destination folder」 欄が指定したフォルダに変更されていることを確認してから、「Install」 ボタンをクリックして、インストールします。

      画像読み込みエラー

【sfz】

サウンドフォントを使用するために必要な、SoundFont Player の VSTi です。

【SoundFont とは】

「SoundFont Player」 と呼ばれるソフト上で読み込んで使用するタイプの 「音源」 です。

無料のものから有料のものまで、何千種類とあるようです。

【SoundFont Player とは】

SoundFont を読み込んで、「音源」 として使用する機能を持ったソフトです。

例えば、ピアノの SoundFont を読み込むとピアノの音が、ドラムセットの SoundFont を読み込むとドラムセットの音が鳴らせるようになります。

  1. Cakewalk - SFZ Player ( http://www.cakewalk.com/Download/sfz.aspx ) へ移動します。
  2. 「Download SFZ Free!」 をクリックして、「sfz197.exe」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

    【重要】

    ブラウザの設定で 「JavaScript」 が無効になっていると DL 出来ません。

  3. DL した 「sfz197.exe」 を実行します。
  4. 指示に従ってインストールするのですが、途中のフォルダの選択で、インストールするフォルダを変更して下さい。
    1. 先頭の 「C:\」 の後ろに 「DTM\」 を入力します。

      画像読み込みエラー

    2. 最後の 「Vstplugins」 の後ろに 「\sfz」 を入力します。

      画像読み込みエラー

  5. インストールが完了したら、先ほど指定したフォルダを開きます。

    画像読み込みエラー

  6. 中身のうち、「sfz.dll」 ファイルを 「VST を保存するフォルダ」 内にコピペします。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86」 に 「sfz」 というフォルダを作成して、その中にコピペします。

    画像読み込みエラー

  7. sfz は、同じ 「.dll」 ファイルを読み込んで 「複数起動すると正常動作しない (爆音ノイズが発生する)」 という不具合がありますので、その対策を行います。

    【不具合の回避方法】

    あらかじめ起動したい数だけ 「.dll」 ファイルをコピペしておいて、複数起動する時は別々の 「.dll」 ファイルを読み込みます。

    1. 「sfz.dll」 ファイルを 「右クリック → コピー」 します。

      画像読み込みエラー

    2. キーボードの 「Ctrl」 キーを押しながら 「V」 キーを連打 な感じで、将来的に同時に使用するであろう数になるまでコピペしまくります。

      例えば、64個にします。

      画像読み込みエラー

    3. キーボードの 「Ctrl」 キーを押しながら 「A」 キーを押して、 全ての 「sfz.dll」 を選択した状態にします。

      画像読み込みエラー

    4. 選択中のどれかの「sfz.dll」 上で、「右クリック → 名前の変更」 を実行します。

      画像読み込みエラー

    5. 「sfz (1).dll」 にリネームします。

      画像読み込みエラー

      すると、選択中のファイルが一括で連番になります。

      画像読み込みエラー

    6. 必要であれば、「sfz (1).dll 〜 sfz (9).dll」 を 「sfz (01).dll 〜 sfz (09).dll」 にリネームします。

      画像読み込みエラー

    7. 数が多いので、16個ずつにフォルダを分けます。

      「01-16」、「17-32」、「33-48」、「49-64」 的なフォルダを作成して、それぞれのフォルダに移動させて下さい。

      画像読み込みエラー

  8. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【trimn】

「.wav」 ファイルを読み込んで再生する 「Wav プレイヤーの VSTi」 です。

重い VSTi の演奏を 「.wav」 化して、trimn と差し替えることで、負荷を大きく減らすことが出来ます。

また、Domino と 「.wav」 の同期再生を行うことも可能になります。

  1. footfoot lab ( http://footfootlab.zouri.jp/ ) へ移動します。
  2. 上メニューの 「VST Inst」 へ進んで、「trimn」 の 「Download」 をクリックして、「ffl_trimn.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「ffl_trimn.zip」 を解凍して、出て来た 「ffl_trimn.dll」 を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86」 に 「Wave Player」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  4. trimn は、「SynthEdit製」 です。…たぶん。SynthEdit製の VST は、同じ 「.dll」 ファイルを読み込んで 「複数起動すると正常動作しない」 という不具合がありますので、その対策を行います。

    【不具合の回避方法】

    あらかじめ起動したい数だけ 「.dll」 ファイルをコピペしておいて、複数起動する時は別々の 「.dll」 ファイルを読み込みます。

    1. 「ffl_trimn.dll」 ファイルを 「右クリック → コピー」 します。

      画像読み込みエラー

    2. キーボードの 「Ctrl」 キーを押しながら 「V」 キーを連打 な感じで、将来的に同時に使用するであろう数になるまでコピペしまくります。

      例えば、64個にします。

      画像読み込みエラー

    3. キーボードの 「Ctrl」 キーを押しながら 「A」 キーを押して、 全ての 「ffl_trimn.dll」 を選択した状態にします。

      画像読み込みエラー

    4. 選択中のどれかの「ffl_trimn.dll」 上で、「右クリック → 名前の変更」 を実行します。

      画像読み込みエラー

    5. 「ffl_trimn (1).dll」 にリネームします。

      画像読み込みエラー

      すると、選択中のファイルが一括で連番になります。

      画像読み込みエラー

    6. 必要であれば、「ffl_trimn (1).dll 〜 ffl_trimn (9).dll」 を 「ffl_trimn (01).dll 〜 ffl_trimn (09).dll」 にリネームします。

      画像読み込みエラー

    7. 数が多いので、16個ずつにフォルダを分けます。

      「01-16」、「17-32」、「33-48」、「49-64」 的なフォルダを作成して、それぞれのフォルダに移動させて下さい。

      画像読み込みエラー

  5. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

  6. [trimn][Domino 定義ファイル 作成ツール][Software] 初心者になるための耳コピMIDI講座 ( http://mimikopi.nomaki.jp/domino/WavePlayer/trimn/index.html ) へ移動します。
  7. 「ダウンロード & インストール」 の 「Domino Module Creator - trimn (仮) (trimn 用の Domino定義ファイル を作成するツール)」 をクリックして、「ok_DMC-trimn_○○○a.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  8. DL した 「ok_DMC-trimn_○○○a.zip」 をフォルダ付きで解凍して、出て来たフォルダのうち、「vstmap」 フォルダを任意の場所に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VSTHost x86 Savefiles」 に移動させます。

    画像読み込みエラー

  9. 残った 「ok_DMC trimn」 フォルダを任意の場所に移動させます。

    例えば、「C:\DTM」 に 「Domino Tools」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  10. 移動させた 「ok_DMC trimn」 フォルダの中の 「ok_DMC trimn.exe」 を実行します。

    画像読み込みエラー

    ※ 「read_me.txt」 ファイルは、一度は読んでおきましょう。

  11. 「トラック数」 を 「1」 に変更してから、右下の 「書き出し」 ボタンをクリックして、「trimn.xml」 を作成します。

    ※ 後々 「何か使い難いなー」 と感じた場合は、設定を変更して作り直してみて下さい。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

  12. 作成した 「trimn.xml」 を 「Domino をインストールしたフォルダ」 の中の 「Module」 フォルダの中に移動させます。

    画像読み込みエラー

【mda Piano ⁄ ePiano ⁄ DX10 ⁄ JX10】

オープンソースで公開されているフリーの VSTi です。

VSTi の開発に興味がある方は、ソールファイルを覗いてみると勉強になるかも (?)

mda のピアノはモノラル化が出来る (「Stereo Width」 を 「0」 にすることで、キーの高さによって Pan が変化しないように出来る) ため、耳コピ時に重宝するかもしれません。

  1. mda-vst.com ( http://mda.smartelectronix.com/ ) へ移動して、上メニューの 「VST Synths」 をクリックします。

    ※ 見付からない場合は、http://mda.smartelectronix.com/synths.htm へ移動して下さい。

  2. 「mda JX10 (PC)」、「mda DX10 (PC)」、「mda Piano (PC)」、「mda ePiano (PC)」 を順番にクリックして、「mdaJX10.zip」、「mdaDX10.zip」、「mdaPiano.zip」、「mda ePiano.zip」 を DL します。
  3. DL した 「.zip」 ファイルを全て解凍して、出て来た 「.dll」 ファイルを 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\VSTi」 に 「mda」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  4. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【Magical 8bit Plug】

往年の8bitゲーム機のようなシンプルな音を作る、フリーの VSTi です。

いわゆるファミコン系の音が鳴らせます。

  1. YMCK official web site ( http://www.ymck.net/ ) へ移動して、上メニューの 「Magical 8bit Plug」 をクリックします。

    ※ 見付からない場合は、http://www.ymck.net/magical8bitplug/index.html へ移動して下さい。

  2. 「ダウンロード」 の 「利用規定」 を読んだ上で、「Windows VSTi Edition」 の 「ダウンロード↓」 をクリックして、「magical8bitPlug_for_win.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「magical8bitPlug_for_win.zip」 を解凍して、出て来たフォルダ内の 「magical8bitPlug3.dll」 を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\VSTi」 に移動させます。

    画像読み込みエラー

  4. 残りのファイル (マニュアルとサンプルファイル) も後で使いますので、同じフォルダ内にフォルダ毎移動させておきます。

    画像読み込みエラー

  5. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【DSK ElectriK GuitarZ】

ピッチベンドレンジが 「12」 になっている、貴重な (?) ギターの VSTi です。

(なぜか 「2」 になっているものが多いんですよね ^^;)

耳コピ時に、使う機会があるかも (?)

  1. DSK Music ( http://www.dskmusic.com/ ) へ移動して、上メニューの 「Downloads Free virtual instruments」 をクリックします。

    ※ 見付からない場合は、http://www.dskmusic.com/category/vsti-all/ へ移動して下さい。

  2. 公開されている VSTi の一覧が表示されますので、「DSK ElectriK GuitarZ」 を探してクリック → 「Download DSK Electrik GuitarZ」 をクリックして、「DSK_ElectriK_GuitarZ.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

    ※ 「DSK ElectriK GuitarZ」 以外にも、評判の良い VSTi が たくさん公開されていますので、気になるものがあれば、DL しておくことをオススメします。

  3. DL した 「DSK_ElectriK_GuitarZ.zip」 を解凍して、中身のうち 「DSK ElectriK GuitarZ.dll」 を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\VSTi」 に 「DSK」 というフォルダを作成して、その中に 「DSK ElectriK GuitarZ」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  4. DSK ElectriK GuitarZ は、「SynthEdit製」 です。…たぶん。SynthEdit製の VST は、同じ 「.dll」 ファイルを読み込んで 「複数起動すると正常動作しない」 という不具合がありますので、その対策を行います。

    【不具合の回避方法】

    あらかじめ起動したい数だけ 「.dll」 ファイルをコピペしておいて、複数起動する時は別々の 「.dll」 ファイルを読み込みます。

    1. 「DSK ElectriK GuitarZ.dll」 ファイルを 「右クリック → コピー」 します。

      画像読み込みエラー

    2. キーボードの 「Ctrl」 キーを押しながら 「V」 キーを連打 な感じで、将来的に同時に使用するであろう数になるまでコピペしまくります。

      例えば、8個にします。

      画像読み込みエラー

    3. キーボードの 「Ctrl」 キーを押しながら 「A」 キーを押して、 全ての 「DSK ElectriK GuitarZ.dll」 を選択した状態にします。

      画像読み込みエラー

    4. 選択中のどれかの「DSK ElectriK GuitarZ.dll」 上で、「右クリック → 名前の変更」 を実行します。

      画像読み込みエラー

    5. 「DSK ElectriK GuitarZ (1).dll」 にリネームします。

      画像読み込みエラー

      すると、選択中のファイルが一括で連番になります。

      画像読み込みエラー

  5. 残ったファイル 「DSK Music - Readme.txt」 を同じフォルダ内に移動させておきます。

    画像読み込みエラー

    ※ 一度は読んでおきましょう。

  6. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

VSTe の導入例

【VSTe とは】

「VST Effects」 の略で、「VST 形式によるエフェクト」 という感じでしょうか。

※ VSTe という表現はあまり使われていなくて、単に VST と書かれている場合は VST エフェクト を指していることも よくあります。

【エフェクト とは】

「音を加工して、音質を変化させるもの」 という感じでしょうか。

例えば、クリーンギターの音にアンプシミュレーター系のエフェクトを掛けると、次のように変化します。

では、実際に いくつかの VSTe を導入してみましょう。

【Antress Modern Plugins】

20種類以上の VSTe がセットになっています。

  1. Welcome to Antress Modern Plugins ( http://antress.blogspot.com/ ) へ移動します。
  2. 「Download Here (v○.○○)」 をクリックして、「FullPack○○○○.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「FullPack○○○○.zip」 をフォルダ付きで解凍して、中身のうち 「ModernPlugins○○○○.rar」 をフォルダ付きで解凍します。

    画像読み込みエラー

    【解凍の方法が分からない場合】

    Vector 等で、フリーの解凍ソフトを探してみて下さい。

  4. 出て来た 「.dll」 ファイルを 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86」 に 「Package」 というフォルダを作成して、その中に 「Antress Modern Plugins」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  5. 残ったファイルのうち 「.txt」 ファイルを、移動させた 「.dll」 と同じフォルダ内に移動させます。

    画像読み込みエラー

    ※ 一度は読んでおきましょう。

  6. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【Blue Cat's Freeware Plug-ins Pack】

Blue Cat Audio のフリー版のセットです。

フリーでは貴重な (?) スペクトラムアナライザーが入っています。

  1. Blue Cat Audio ( http://www.bluecataudio.com/ ) へ移動します。
  2. 上メニューの 「Download」 → 「plug-ins and software downloads」 → 「Blue Cat's Freeware Plug-ins Pack」 と進んで、「Win VST」 をクリックして、「BlueCatFreewarePackVSTSetup.exe」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、http://www.bluecataudio.com/Products/Bundle_FreewarePack/ へ移動して下さい。

  3. DL した 「BlueCatFreewarePackVSTSetup.exe」 を実行します。
  4. 指示に従ってインストールするのですが、途中のフォルダの選択で 「VST を保存するフォルダ」 内のフォルダを指定して下さい。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\Package\Blue Cat Audio Free\」 と指定します。

    画像読み込みエラー

  5. インストールが完了したら、VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【BTE Audio】

ギターのアンプシミュレーターの VSTe がフリーで公開されています。

  1. BTE Audio ( http://www.bteaudio.com/ ) へ移動します。
  2. 上メニューの 「Products」 → 「Free Software Plug-ins」 の 「TS’ Secret」 と進んで、「Free Download」 をクリックして、「TSS.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「TSS.zip」 をフォルダ付きで解凍します。
  4. 「readme.txt」 と 「TSS.dll」 が出て来ますので、「readme.txt」 を 「TSS_readme.txt」 にリネーム します。

    ※ 「readme.txt」 の前に 「TSS_」 を追加します。

    画像読み込みエラー

    ※ ついでに、一度読んでおきましょう。

  5. 「TSS.dll」 と 「TSS_readme.txt」 を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86」 に 「AmpSim」 というフォルダを作成して、その中に 「BTE Audio」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  6. 再び、BTE Audio ( http://www.bteaudio.com/ ) へ移動します。
  7. 上メニューの 「Products」 → 「Free Software Plug-ins」 の 「Juicy77」 と進んで、「Free Download」 をクリックして、「Juicy77.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  8. DL した 「Juicy77.zip」 をフォルダ付きで解凍します。
  9. 「Juicy77.dll」 と 「Juicy77_Hot-Rodded.dll」 と 「readme.txt」 が出て来ますので、「readme.txt」 を 「Juicy77_readme.txt」 にリネーム します。

    ※ 「readme.txt」 の前に 「Juicy77_」 を追加します。

    画像読み込みエラー

    ※ ついでに、一度読んでおきましょう。

  10. 「Juicy77.dll」 と 「Juicy77_Hot-Rodded.dll」 と 「Juicy77_readme.txt」 を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\AmpSim\BTE Audio」 に移動させます。

    画像読み込みエラー

  11. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【digitalfishphones.com】

YAMAHA VOCALOID で よく使われている (?) 「the fish fillets」 などがフリーで公開されています。

  1. digitalfishphones.com ( http://www.digitalfishphones.com/ ) へ移動します。
  2. 真ん中の画像をクリック → 左メニューの 「audio plugins」 → 左メニューの 「the fish fillets」 と進んで、「the fish fillets PC (Win) version ○.○」 の 「download」 をクリックして、「the_fish_fillets_v○_○.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「the_fish_fillets_v○_○.zip」 をフォルダ付きで解凍します。
  4. 出て来た中身を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\Package」 に 「digitalfishphones.com」 というフォルダを作成して、その中に 「the fish fillets」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  5. 残りの左メニュー 「THD」 「endorphin」 「dominion」 「normalizer」 でも、それぞれ 「download」 をクリックして、「THD.zip」 「endorphin.zip」 「dominion_v○.○_PC.zip」 「normalizer_PC_Win.zip」 を DL します。
  6. DL した 「.zip」 ファイルをフォルダ付きで解凍して、中身を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\Package\digitalfishphones.com」 に移動させます。

    画像読み込みエラー

  7. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【Guitar Suite】

定番の (?) ギターのエフェクトのセットです。

  1. SimulAnalog ( http://www.simulanalog.org/ ) へ移動します。
  2. 「Current Technology」 の下の 「[More]」 → 「SimulAnalog Guitar Suite」 と進んで、「Download VST PC version (○○○Kb)」 をクリックして、「GSuite.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. 「License Agreement」 をクリックして、一度読んでおきます。
  4. DL した 「GSuite.zip」 をフォルダ付きで解凍して、出て来た中身を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\AmpSim」 に 「Guitar Suite」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  5. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【GVST】

シンプルな VSTe のセットです。

  1. GVST ( http://www.gvst.co.uk/ ) へ移動します。
  2. 上メニューの 「Downloads」 → Othersの下の 「Packages」 と進んで、「Download all GVST effects」 をクリックして、「AllGVST.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「AllGVST.zip」 をフォルダ付きで解凍して、出て来た中身を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\Package」 に 「GVST」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

    ※ 「GVSTLicense.txt」 を一度読んでおきましょう。

  4. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【mda】

オープンソースで公開されているフリーの VSTe です。

VSTe の開発に興味がある方は、ソールファイルを覗いてみると勉強になるかも (?)

  1. mda-vst.com ( http://mda.smartelectronix.com/ ) へ移動します。
  2. 「Download all VST plug-ins for Windows」 をクリックして、「mda_vst_fx_win.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「mda_vst_fx_win.zip」 をフォルダ付きで解凍して、出て来た中身を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\Package」 に 「mda」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  4. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【ReaPlugs】

効果が分かりやすくて、使いやすいと評判な ReaFIR が入っています。

  1. REAPER | Audio Production Without Limits ( http://www.reaper.fm/ ) へ移動します。
  2. 下メニューの 「Download」 の下の 「ReaPlugs」 へ進んで、「ReaPlugs VST v○.○」 をクリックして、「reaplugs○○-install.exe」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「reaplugs○○-install.exe」 を実行します。
  4. 指示に従ってインストールするのですが、途中のフォルダの選択で 「VST を保存するフォルダ」 内のフォルダを指定して下さい。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\Package\ReaPlugs」 と指定します。

    画像読み込みエラー

  5. インストールが完了したら、先ほど指定したフォルダを開いて、「.dll」 ファイルをリネームします。

    ※ デフォルトの名前だと分かり難いので、探しやすい名前にリネームします。

    画像読み込みエラー

    【リネームの例】

    • reacomp-standalone → ReaComp
    • reacontrolmidi-standalone → ReaControlMIDI
    • readelay-standalone → ReaDelay
    • reaeq-standalone → ReaEQ
    • reafir_standalone → ReaFIR
    • reagate-standalone → ReaGate
    • reajs → ReaJS
    • reastream-standalone → ReaStream
    • reaxcomp-standalone → ReaXcomp
  6. リネームが完了したら、VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    ※ セキュリティの警告は、各自で対処して下さい。

    (「ReaStream」 を使用する場合は、ブロックを解除する必要があるかと思います。)

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【Simple Na Mixer】

GUI の無い、シンプルな 「ミキサーの VSTe」 です。

「VSTHost」 は自前のミキサーを持っていませんので、この手のミキサーの VSTe を入れておくと便利かと思います。

  1. [Simple Na Mixer][Software] 初心者になるための耳コピMIDI講座 ( http://mimikopi.nomaki.jp/software/VSTe/snMixer/index.html ) へ移動します。
  2. 「ダウンロード & インストール」 の 「Simple Na Mixer + Domino 定義ファイル」 をクリックして、「ok_snMixer_○○○a.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「ok_snMixer_○○○a.zip」 を解凍して、中身のうち 「snMixer.xml」 を 「Domino をインストールしたフォルダ」 の中の 「Module」 フォルダの中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  4. 残ったファイル (「snMixer.dll」 と 「snMixer.txt」) を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86」 に移動させます。

    画像読み込みエラー

    ※ 「.txt」 ファイルは、一度は読んでおきましょう。

  5. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【Variety Of Sound】

質が良いと評判な VSTe が いくつも公開されています。

  1. Variety Of Sound ( http://varietyofsound.wordpress.com/ ) へ移動して、上メニューの 「Downloads」 をクリックします。

    ※ 見付からない場合は、http://varietyofsound.wordpress.com/downloads/ へ移動して下さい。

  2. 「Latest versions and download:」 下の 「Link」 の下の 「Download」 をクリックして、どれか一つを DL します。

    例えば、「epicVerb_○.○.rar」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL したファイルを解凍して、中身のファイル名を 「.dll」 ファイルに合わせてリネームします。
    1. 「.dll」 ファイルのファイル名をコピーします。

      画像読み込みエラー

    2. ファイル名の頭が異なる 「.txt」 ファイル や 「.pdf」 ファイルを 「.dll のファイル名_ + 元のファイル名」 にリネームします。

      画像読み込みエラー

      ※ ついでに、一度読んでおきましょう。

  4. リネームして、ファイル名をそろえた後、全てのファイルを 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86\Package」 に 「Variety Of Sound」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  5. 同様に、公開されている 「.rar」 や 「.zip」 を片っ端から 「DL → 解凍 → リネーム → 移動」 します。

    画像読み込みエラー

  6. 全ての移動が完了したら、VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

【W1 Limiter】

フリーでは定番のリミッターです。

  1. yohng.com ( http://www.yohng.com/ ) へ移動して、上メニューの 「Software」 の 「W1 Limiter」 をクリックします。

    ※ 見付からない場合は、http://www.yohng.com/software/w1limit.html へ移動して下さい。

  2. 「Download」 の下の 「w1limiter.zip」 をクリックして、「w1limiter.zip」 を DL します。

    ※ 見付からない場合は、「Ctrl + F」 で検索して下さい。

  3. DL した 「w1limiter.zip」 をフォルダ付きで解凍して、出て来たファイルのうち 「George Yohng's W1 Limiter.dll」 を 「VST を保存するフォルダ」 内に移動させます。

    例えば、「C:\DTM\VstPlugins x86」 に 「Limiter Maximizer」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  4. 必要であれば、「George Yohng's W1 Limiter x64.dll」 も 任意の場所 に移動させます。

    例えば、「C:\DTM」 に 「VstPlugins x64」 というフォルダを作成して、その中に 「Limiter Maximizer」 というフォルダを作成して、その中に移動させます。

    画像読み込みエラー

  5. VSTHost の 「File → Fast Rescan PlugIns」 で、VST のリストに登録します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

VST の探し方

いくつかの VST を導入してみましたが、まだまだ色々な VST が存在します。

検索サイトで 「種類 VST フリー」 や 「種類 VST レビュー」 のような形で検索すると、色々見付かるかと思います。

【検索の例】

  • 「EQ VST フリー」
  • 「Comp VST Free」
  • 「Reverb VST レビュー」
  • 「VST フリー レビュー」

【重要】 VST の不具合について

VST の中には 同じ 「.dll」 ファイルを読み込んで 「複数起動すると正常動作しない」 という不具合を持っているものがありますので、その場合は対策を行う必要があります。

【不具合の回避方法】

あらかじめ起動したい数だけ 「.dll」 ファイルをコピペしておいて、複数起動する時は別々の 「.dll」 ファイルを読み込みます。

※ 複数起動すると不具合が発生 (ノイズが発生したり、音が鳴らなかったり、GUIの表示が狂ったり、etc.) する場合は、この方法で回避出来るかもしれません。

※ 「sfz」、「trimn」、「DSK ElectriK GuitarZ」 の導入時に行った作業です。

不具合を持っているどうかは、実際に試してみないと分かりませんが、聞くところによると、「SynthEdit製の VST は、確実に この不具合を持っている」 そうです。

ということで、SynthEdit製かどうかを事前に調べておいた方が良いかもしれません。

【SynthEdit製かどうかを調べる方法】

※ 「SynthEdit製で無ければ安心」 とは限りませんので、ご注意下さい。

※ 他にも調べる方法があるかもしれません。

Next


サイト名 : 初心者になるための耳コピMIDI講座
管理人 : 逃亡者
連絡先 : メールフォーム

チュートリアル
#02-02