×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者になるための耳コピMIDI講座

#02-05 SoundFont の使い方

【警告】 ヘッドフォンは危険…かも!?

【警告】

VST は、音色 または 設定によっては 予想外にでっかい音 で鳴ったり、「ザー!」 とか 「バチバチッ!」 という感じの 激しいノイズ が発生することがあります。

そのため、ヘッドフォンで作業をしていると 耳を傷める危険性が無きにしも非ず。

ご注意下さい。

個人的に、VST による編集は 「ノイズとの戦い」 になると考えています。

いつ何時 「ノイズや爆音」 が発生するか分かったものじゃないので、作業中はスピーカーを使用した方が安全だと思います。

※ 当たり前ですが、「スピーカーならノイズや爆音が発生しない」 というわけではありません。

ヘッドフォンと同じ頻度で発生しますが、「耳元で爆音が鳴る」 よりは、耳へのダメージは少ないだろう。という意味です。

(その代わり、近所迷惑度が段違いですが…。 ^^;)

【重要】 音を鳴らすための設定

VSTHost の 「Engine → Run」 にチェックが入っていることを確認します。

【重要】

「Run」 にチェックが入っていないと、音が鳴りません。

画像読み込みエラー

※ 「Run」 アイコンでも状態を確認出来ます。

画像読み込みエラー

Domino の設定

Domino の 「ファイル → 環境設定 → MIDI-OUT」 を次のように設定します。

画像読み込みエラー

※ 設定を変更したら、「ファイル → 新規作成」 しておきましょう。

SoundFont を使用するための手順

SoundFont を使用するための手順を簡単に説明します。

【SoundFont とは】

「SoundFont Player」 と呼ばれるソフト上で読み込んで使用するタイプの 「音源」 です。

無料のものから有料のものまで、何千種類とあるようです。

【SoundFont Player とは】

SoundFont を読み込んで、「音源」 として使用する機能を持ったソフトです。

例えば、ピアノの SoundFont を読み込むとピアノの音が、ドラムセットの SoundFont を読み込むとドラムセットの音が鳴らせるようになります。

ここでは、「SoundFont Player の VSTi」 である 「sfz」 を使用します。

  1. まずは 「sfz」 を起動します。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

  2. 起動した sfz を、Domino のトラックと関連付けます。
    (Domino の 「どのトラックから音を鳴らすか」 を設定します。)
    1. Domino の 「トラックのプロパティ」 の 「ポート」 欄で、「使用する 仮想MIDIケーブル」 を確認します。

      画像読み込みエラー

    2. sfz の 「MIDI Parameters」 アイコンをクリックして、「MIDI Input Devices」 タブで、先ほど確認した 「使用する 仮想MIDIケーブル」 を選択して、OK します。

      画像読み込みエラー

      画像読み込みエラー

      【重要】

      「Filter Settings」 は設定しません。

      画像読み込みエラー

      ※ sfz は、マルチティンバー音源ですので、受信 Channel を制限する必要はありません。

      【マルチティンバー音源】

      単体でも、複数の音色を同時に使用することが出来る音源を 「マルチティンバー音源」 と呼びます。

      (sfz、Proteus VX、Independence Free など。例えば、MSGS や MidRadio Player の内蔵音源なども、マルチティンバー音源です。)

      【シングル音源】

      単体では、一つの音色しか使用出来ない音源を 「シングル音源」 と呼びます。

      (Synth1、mda Piano、Magical 8bit Plug など。)

  3. 「MIDI Input Devices」 の設定が完了した sfz を、「Out」 に接続します。

    画像読み込みエラー

  4. sfz の 「Plugin Edit」 アイコンをクリックして、GUI を表示します。

    画像読み込みエラー

  5. sfz の初期設定として、「MODE」、「QUALITY」、「EFFECTS」 の 3つを設定します。

    画像読み込みエラー

    ※ 赤線で囲んだ部分をクリックして、値を変更します。

    ※ レジストリに登録されますので、毎回行う必要はありません。

    (1回だけで済みます。)

    それぞれの意味については、関連サイトに詳しく書かれていますので、参照して下さい。

    まあ、基本的には 「MODE : PR32」、「QUALITY : draft」、「EFFECT : On」 で良いかと思います。

    ※ 環境によっては、「MODE」 の 「SF32、SF16」 が使用出来ないようです。

    (「メモリが足りない」 的なエラーが出てしまいます。)

    画像読み込みエラー

    噂によると、メモリの判定部分に不具合があるようで、想定以上の量のメモリ (4GB以上?) が検出されると 「メモリが足りない」 と誤判定されてしまう、とか何とか。

  6. 「FILE」 の横のマスをクリックして、使用する SoundFont を読み込みます。

    画像読み込みエラー

    ここでは、「GeneralUser GS SoftSynth v○.○○」 を読み込みます。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

    ※ 2回目以降は 「FILE」 の横の 「三角ボタン?」 で、履歴から選択出来ます。

    画像読み込みエラー

    【関連ページ】

    Software ⁄ その他

【まとめ】

  1. VSTHost 上で sfz を起動する。
  2. Domino のトラックと関連付ける。
    (「MIDI Input Devices」 を設定する。)
  3. 「Out」 に接続する。
  4. GUI を表示して、使用する SoundFont を読み込む。

これで、Domino のトラック上から SoundFont の音が鳴らせるようになります。

※ エクスポートしておくと便利です。

毎回行うのは面倒ですので、設定済みの状態をエクスポートしておきます。

これで、次回からは 「File → Import Performance...」 で読み込むだけで、即座に SoundFont を使用出来るようになります。

音色を変更する方法

SoundFont の音色を変更する方法を、簡単に説明します。

【Program Change から音色を選択する】

イベントリストの Program Change で、音色を選択します。

  1. Domino のイベントリストペインで、「PC:○○」 をダブルクリックします。

    画像読み込みエラー

    【イベントリストペインが表示されていない場合】

    「表示 → イベントリストペイン → イベントリストペイン」 または 「ツールバーの 画像読み込みエラー アイコン」 をクリックして、イベントリストペインを表示します。

    画像読み込みエラー

  2. 「プログラムチェンジイベントのプロパティ」 で、使用する音色を選択します。

    画像読み込みエラー

    【音色リストが正しく表示されていない場合】

    「Domino の設定」 (「ファイル → 環境設定 → MIDI-OUT」 の 「音源(音源定義ファイル)」 の設定) をやり直して下さい。

【Filter、ADSHR で音色作りをする】

次のイベントの値を変更することで、ある程度の音色作りをすることが出来ます。

画像読み込みエラー

それぞれのイベントの意味については、Domino の 「ステータスバー」 や 「イベントリストでダブルクリックすると読める説明文」 に一言ずつ書いてありますので、読んでおいて下さい。

読んでみて意味が分からなくても、値を変更すれば効果が現れます。

パラメーターの効果については、頭だけで理解しようとするのではなく、「耳で効果を確認」 するようにしましょう。

その上で、説明文の意味を考えれば、何となくでも分かるようになるんじゃないかなーと思います。

※ 音色作りをしない (サウンドフォントの音色をそのまま使用する) 場合は、これらの値は初期値のままで構いません。

複数の SoundFont を同時に使用する方法

sfz を複数起動して、それぞれが別々の SoundFont を読み込むことで、複数の SoundFont を同時に使用することが出来るようになります。

【重要】

必ず、別々の 「.dll」 ファイルを読み込んで起動して下さい。

(同じ 「.dll」 ファイルを読み込まないで下さい。)

※ sfz は、同じ 「.dll」 ファイルを読み込んで 「複数起動すると正常動作しない (爆音ノイズが発生する)」 という不具合があります。

【関連ページ】

#02-02 VST の導入方法

  1. Domino の 「ファイル → 環境設定 → MIDI-OUT」 で、複数の 「仮想MIDIケーブル」 と 「SoundFont 用の定義ファイル」 を設定しておきます。

    画像読み込みエラー

  2. VSTHost の 「File → Import Performance...」 で、1つ目の SoundFont の設定をインポートします。

    【重要】

    既に1つ目の SoundFont 用の sfz が起動している場合は、インポートしないで下さい。

    ※ sfz は、同じ 「.dll」 ファイルを読み込んで 「複数起動すると正常動作しない (爆音ノイズが発生する)」 という不具合があります。

    【関連ページ】

    #02-02 VST の導入方法

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

  3. 「2つ目の SoundFont 用のトラック」 を追加します。
    1. トラックセレクトペイン上で 「右クリック」 して、「デフォルトトラックの追加」 を選択します。

      画像読み込みエラー

    2. 「2つ目の SoundFont 用の定義ファイルを設定したポート」 を選択して、OK します。

      画像読み込みエラー

  4. 2つ目の SoundFont を読み込みます。
    1. 2つ目の sfz を起動します。

      画像読み込みエラー

      画像読み込みエラー

    2. Domino のトラックと関連付けます。

      画像読み込みエラー

      画像読み込みエラー

      画像読み込みエラー

    3. 「Out」 に接続します。

      画像読み込みエラー

    4. GUI を表示して、2つ目の SoundFont を読み込みます。

      画像読み込みエラー

      画像読み込みエラー

これで、Domino のそれぞれのポートのトラックから、別々の SoundFont の音が鳴らせるようになります。

せっかくなので、2つ目の SoundFont の設定をエクスポートしておきましょう。

  1. 1つ目の sfz の 「×」 アイコンをクリックして、1つ目の sfz を閉じます。

    画像読み込みエラー

    【重要】

    ※ 2つ目の sfz だけが起動している状態にします。

  2. 「File → Export Performance...」 で、2つ目の SoundFont の設定をエクスポートします。

    【重要】

    「File → Auto Save PlugIn Banks」 にチェックが入っていることを確認して下さい。

    (※ 入っていない場合は、保存する前に チェックを入れて下さい。)

    ※ 「File → Autosave PlugIn Banks」 にチェックが入っていないと、VST のパラメーターが保存されません。

    画像読み込みエラー

    画像読み込みエラー

これで、次回からは 「File → Import Performance...」 で2回読み込むだけで、VSTHost 側の設定が完了することになります。

FAQ

Ch.01 以外のトラックの音が鳴らない

Q. Ch.01 以外のトラックの音が鳴りません。

A.

Domino で頭から演奏して下さい。

デフォルトでは、Ch.01 以外は音色が読み込まれていないため、音が鳴りません。

Domino で頭から演奏して、Program Change を受信させることで、音色が読み込まれて音が鳴るようになります。

Next


サイト名 : 初心者になるための耳コピMIDI講座
管理人 : 逃亡者
連絡先 : メールフォーム

チュートリアル
#02-05